« 1週間まるまる | トップページ | Wafflish Waffleの買い物 »

2009/06/29

シイ発熱、溶連菌

6292

ハヤがよくなりかけた金曜日、シイ突然の発熱。39.4℃…

シイの発熱は、痙攣もあるからずっとドキドキ… 発熱がわかってもちろんすぐにダイアップ(痙攣止めの坐薬)を入れた。ちょっと一安心だけど、ぐったりすると怖い。。。

ダイアップを入れると、妙〜なテンション。例えると、ほろ酔いなかんじ、かな。


金・土・日・月… 熱が全然下がらない。

hospital 熱:全然下がらず38℃〜39℃。(平熱には戻らない)
hospital 症状:吐き気を伴うようなひどい咳、胸はゼーゼー?ゼロゼロ?いってる
hospital シイ:38℃台前半だと元気! 39℃近くだとぐったりしてる...


心配なので、かかりつけのB病院へ。レントゲン検査と血液検査と喉の検査。しんどいときに長時間の病院、痛いことされてかわいそうだけど、原因がわかってちゃんと治療できたほうがいいし… 泣き叫ぶ子を先生に託して。。。


sandclock レントゲン検査:肺炎も気管支炎も大丈夫そう。(音はゴロゴロ…喘息ぎみ)
sandclock 血液検査:CRP、WBC(白血球数)は正常値。ストレップA「+」


  《《《 ストレップA「+」  →  溶連菌 》》》

しっかり薬を飲みきって、治療すれば治るみたいだし。熱ももう時期下がりそう。

1ヶ月後、尿検査。

溶連菌感染の後に、腎炎(腎臓の病気)を起こしたり、リウマチ熱を起こすのを防ぐ為に薬はきっちり飲みきらないといけないみたい!


子供の病気... しょっちゅう少し大きめな病気をする2人。私は必死に勉強するけど、限界もあり、かかりつけの先生に聞くばかり。あらゆる可能性を調べてもらって少しでも不安材料がなくなるのであれば何度も病院へ行く覚悟。母親って子供のためなら何でもできるんだな、、、とつくづく思う。

早く良くなってほしいな。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

【溶連菌】
溶血性連鎖球菌の略。溶血性連鎖球菌が喉などに感染して起こる病気をまとめて溶連菌感染症という。

赤ちゃんがかかることは少なく、幼児から小学生くらいの子供の間で流行する病気。

 ー症状ー 
   ● 喉の痛み(小さい子はうったえれない)と、38度以上の高熱で、普通の風邪のような咳や鼻水などはない。
   ● 喉が真っ赤にはれて、1、2日たつと、全身に赤い発疹が出てきます。 舌にも発疹がき、 とても赤くなるのが特徴的。

 ー治療方法ー 
   ● ペニシリンなどの抗生物質を服用すれば、数日で回復。 症状が良くなったからといって油断は禁物。
   ● 溶連菌感染症は、抗生物質でしっかり対処しておかないと、腎炎やリウマチ熱、 紫斑病などの合併症が心配される病気。尿はチェック!(1ヶ月後くらいに尿検査)

|
|

« 1週間まるまる | トップページ | Wafflish Waffleの買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1週間まるまる | トップページ | Wafflish Waffleの買い物 »